派遣OLこまめ、就職をする日記。 2013年01月
RSS
Admin
Archives

派遣OLこまめ、就職をする日記。

新卒半年で退職→派遣OLの日々・・・その後、紹介予定派遣を利用して就職しました。派遣関連を中心にお仕事の話題を取り上げていきます。

プロフィール

こまめ

Author:こまめ
お訪ねいただきありがとうございます。

名前:コマメと申します。
状態:20代既婚 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ説明
はじめに:ブログの取説
無職シーズン1:2012.1-3月頃
無職シーズン2:2012.7-9月頃
紹介予定派遣①:2012.3-2012.7頃
紹介予定派遣②:2012.9-2012.12頃
就活で使ったサービス:求人媒体など

*夫婦ふたり暮らし、普通な毎日。4コマブログもあります→
<リンク>こまめの絵日記

最近書いた記事
カテゴリ
秘密のへそくり
よく参加しているモニターサイト 新規モニター登録
たまに遊びに行くポイントサイト
メッセージ
ご連絡はこちらまで。
※メッセージ送信後、記入されたアドレス宛に確認メールが届きますのでご承認をおねがいします。
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01
25

TB:0
20:25
Category : 転職その後
いまの会社に入社して、はじめての給与が出ました。

実際に明細を貰うまでは、「やっぱりお前に払うお金はないとかなったらどうしよう・・・」と思っていましたが、
よかった、お金出てた(1月入社なのに何故か1ヶ月分出てた)、そしてかなり気持ちが上向いた。

派遣から初めて早4ヶ月目。
職場での時間の使い方をまだ自分で決められなくって(見習いなので貰い仕事)、
まわりからのプレッシャーで居辛いし、お仕事貰いに御用聞きをするのが毎度めんどうだから、
早く上司は私に仕事を引き継いでよ~!
と悶々とすることが多いです。

でも、そんなことはお給料を見たら、吹き飛びました。
むしろ、いつまでも雑用していてよいだなんて、こんなラクな仕事でこんなにもらってすいませんゲヘヘ。
ご褒美にhonto(書籍注文サイト)で本を自分に買ってあげました。
通勤中に読むので、現実逃避度の強い、「ホラー」「ミステリー」か「時代劇もの」を最近良く読みます。


せっかく簡単な仕事で許してもらえる時期だから、
いまのうちに、作業の正確性と業務知識をマニアックなぐらい高めておきたいな~。

来週は、心機一転、がんばります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングにご協力お願いします。
スポンサーサイト
2013.01
15

TB:0
23:13
このブログは去年から始め1年ほど就職活動ブログをやっていました。
今回の就職活動で、私がつかんだ就活必勝パターンをまとめます。

個人的すぎる(低キャリア、派遣、女)経験ではありますが、コツを掴んでからというもの、
あれ?就活ってこんなに楽なの~?状態になっていましたし、
あながち運まかせというのでもないのかもしれませんよ

◆必勝パターン◆
私が御社の運命の相手です!

いま晩酌をしながら書いているせいか適当な感じが否めませんが、
これまでで言われてドン引きしたものに
「会った時から運命の相手だと思ってた(だから付き合うべきだよね)」
というのがあって、これがなんでイヤかって、
相手は運命の人だって言い張るわりには、その相手が私にとって好ましいところが全く無くて、
これを言った人のことをなんて傲慢で自己中心的なんだろう!と思いました。

これと似たように、求職者がいくら自分が優れているとアピールしても、
応募先企業にとってはそれが魅力的に映らないことって多々あるんじゃないでしょうか。
振り返れば、就職活動で落ち続けていた時、
私も同じように相手を考えない見当違いな努力をしてたように思います。

応募先企業が欲しい人材って、けっこうしっかりとしたイメージが出来上がっていて、
それに出来るだけストライクする人を探しています。
希望以下では困るし、過度に素晴らしいすぎる人も困ります。

すごく当たり前なことですが、これに気づいてからは、
①応募先企業の求人の人物像をできるだけ細かく把握し、
 自分との共通項を多く作る

②応募先企業での自分の将来像を、これまた細かく想像を膨らませる

③1を応募先企業に十分知らしめた後、
 2で考えた前向きな将来像を伝える


これがしっかり伝えられたと感じた選考では、落とされることがほぼ無くなりました
相手の運命の相手になること、相手から運命の相手かもしれないと思われるような言動をすること、
これがこまめの内定必勝パターンです。

ついでに、タイトルにいれた「勝てる土俵にだけ上がる」とあるように、
あまりにも分不相応な相手ばかり狙うのは止めた方がよろしいと思います。
自分の能力を3割増しにして相手の理想像に届くかどうか?くらいが目安かな。

さらについでに、雇用市場において若さは正義なので、
資格取得してから転職活動をしたいとか言わず、
応募条件に当てはまるなら、即動くことをおすすめします!


春採用に向け、そろそろ雇用市場が活発になるこの季節。
このブログを覗いてくれた方が良い知らせを受けますように。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。